“銭湯”のいろいろな読み方と例文
旧字:錢湯
読み方割合
せんとう87.1%
せんたう9.7%
ふろ3.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
実におそろしい話です。その噂がそれからそれへと伝わって、気の弱いものは逢魔が時を過ぎると銭湯へも行かないという始末。
半七捕物帳:30 あま酒売 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
昨年の十二芝愛宕下桜川町しまして、此春初湯りたいとじ、つい近辺銭湯にまゐりまして「初湯にもひのこすやのあか」
年始まはり (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
ある日、敬二郎が二階の窓からたんを吐くと、路地を通っている銭湯屋の娘の顔に掛った。それでおたかと銭湯屋との仲は目立って仲がわるくなり、子供たちは二町も遠方の銭湯へ行った。
婚期はずれ (新字新仮名) / 織田作之助(著)