“ふろ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:フロ
語句割合
風呂87.2%
風炉7.7%
入浴0.9%
0.9%
0.9%
浴場0.9%
浴室0.9%
銭湯0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
僕は井筒屋の風呂っていたが、雨が降ったり、あまり涼しかったりする日はたないので、自然近処の銭湯に行くことになった。
耽溺 (新字新仮名) / 岩野泡鳴(著)
第四章はもっぱら茶器の二十四種を列挙してこれについての記述であって、風炉(一〇)に始まり、これらのすべての道具を入れる都籃に終わっている。
茶の本:04 茶の本 (新字新仮名) / 岡倉天心岡倉覚三(著)
第六 毎日一度冷水微温湯にて身體清潔ひとり、肌着着替べし。入浴は六七日目たけからざるるべき
養生心得草 (旧字旧仮名) / 関寛(著)
ひとかたまりの童児い野はらに火三昧して遊びふけっていたずおん。
雀こ (新字新仮名) / 太宰治(著)
幾年に入らなんだなど特書したり、今日の耶蘇徒が禁酒とか、公娼廃止とか喋舌ると同程度の変痴気説じゃ。
体じゅうが青み掛かって白い。綽号を青大将というのだが、それを言うと怒る。もこの名は、児島の体の或る部分を浴場で見て附けた名だそうだから、怒るのも無理は無い。児島は酒量がない。
ヰタ・セクスアリス (新字新仮名) / 森鴎外(著)
りながら浴室に至れば門前に待ち詫びたる馬の高くくにいよ/\慌て朝餉の膳に向へば昨日鯉の濃汁
木曽道中記 (旧字旧仮名) / 饗庭篁村(著)
ある日、敬二郎が二階の窓からたんを吐くと、路地を通っている銭湯屋の娘の顔に掛った。それでおたかと銭湯屋との仲は目立って仲がわるくなり、子供たちは二町も遠方の銭湯へ行った。
婚期はずれ (新字新仮名) / 織田作之助(著)