耽溺たんでき
僕は一夏を国府津の海岸に送ることになった。友人の紹介で、ある寺の一室を借りるつもりであったのだが、たずねて行って見ると、いろいろ取り込みのことがあって、この夏は客の世話が出来ないと言うので、またその住持の紹介を得て、素人の家に置いてもらうこ …
作品に特徴的な語句
じょ てん ぞん 倦怠けったる せい みこと 門口かどくち 石鹸しゃぼん ぱち はま こた かか 師匠しょ 焚木まき 宿とま いや 溝溜どぶだめ ただよ こら うっ ぶつ きこ 扶持ぶち なつ 肥取こえと 羅宇らお もが 悪口わるくち こさ しん みさお とこ だん 寛恕かに かど かか いや さだ 天心てんじん ごう とっ しゃく 黄泉よみじ 一隅ひとすみ 三味しゃみ ぶか しら もん 燈籠どうろう 出会でくわ 燃木まき つら しょう 無気むき ぎょく はし 耽溺たんでき 薬罐やかん うらや 羅刹らせつ きつね まと ねら ひと 繻珍しゅちん 繻子しゅす 繁盛はんじょう しげ 縊死いし 綺麗きれい 猪口ちょく 絳絹もみ 素人しろうと ただ あら 米櫃こめびつ みが さかずき 白粉おしろい すずり 禿 稽古けいこ