“繁盛”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はんじょう58.8%
はんじやう17.6%
はんせい11.8%
さか5.9%
しげもり5.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
奥に松山を控えているだけこの港の繁盛は格別で、分けても朝は魚市が立つので魚市場の近傍の雑踏は非常なものであった。
忘れえぬ人々 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
自分投宿した中西屋といふは部室數も三十くあつて温泉では一といはれてながら空室はイクラもない繁盛であつた。
湯ヶ原ゆき (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
更に見よ、新道の開通せられてより、更に旅客の此地を過ぐるものなく、當年繁盛の驛路、今は一戸の旅舍をもめずなりたるを。
秋の岐蘇路 (旧字旧仮名) / 田山花袋(著)
ヒエというたところで、になって帰りましたところが、親戚もなし、に何う仕ようという目途もないものですから願わくば此の繁盛る御府内でまア生涯朽果れば、え物を
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「ちがう。貞盛は、わしの長兄。わしは弟の繁盛というものだよ」
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)