秋の岐蘇路あきのきそじ
大井、中津川の諸驛を過ぎて、次第に木曾の翠微に近けるは、九月も早盡きんとして、秋風客衣に遍ねく、虫聲路傍に喞々たるの頃なりき。あゝわが吟懷、いかに久しくこの木曾の溪山に向ひて馳せたりけむ。名所圖繪を繙きて、幼き心に天下またこの好山水ありやと …
作品に特徴的な語句
じん かうぶ そゞ さう 諾威ノルヴエー きはま かぐ まじは 老爺らうや きよ ひやゝ きはま とゞま まどは 茅屋ばうおく おちゐ いづ かたはら まづ こゝ すぐ うづ きは かは あく 佇立ちよりつ とゞ とゞ とゞま 夜深やしん この あま とゞ 下婢げぢよ 蓊欝おうゝつ 石階せきかい おく ねぶ 白衣はくい きた には あた にほひ 聳立しやうりつ てう すゝ 午餐ひるげ 準備ようい 嚢中のうちう きら 松林しようりん むべ 塵埃ちりほこり でつ しん 夕陽せきやう つらな わづ 翌朝よくてう よこたは 繁盛はんせい 徹宵てつせう 微笑ほゝゑ 落合おちあひ 蓊鬱おうゝつ 荊棘けいきよく なゝめ きよう 昨日さくじつ ひろ 小祠せうし くびす かく 宛然えんぜん 透徹すきとほ 絶巓いたゞき 私語さゝや 秋風しうふう てい 下瞰かゝん をさな おほ 今日けふ ともな かたぶ 疑惑うたがひ 大路たいろ けぶり ゆるや けん だい 水珠すゐしゆ 大橋たいけう 門構もんがまへ