“蓊欝”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こんもり58.3%
おううつ16.7%
をううつ16.7%
おうゝつ8.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
津田は返事をする前に、まず小林の様子をった。彼らの右手には高い土手があって、その土手の上には蓊欝した竹藪が一面にさっていた。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
そこらは、もう高台寺の境内に近いところで、蓊欝とした松の木山がすぐ眉に迫り、節のすなおな、真青な竹林が家のうしろに続いていたりした。
黒髪 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
わが筆も亦た何物ぞ。言ふれ、蓊欝たる森林、幾百年に亘りて巨鷲を宿らすと。言ふ勿れ、豊公の武威、幾百世を蓋ふと。何物かに尽きざらむ。何物か終に滅せざらむ。
富嶽の詩神を思ふ (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
路は薄暮に近き山間を縫ひて、杉樹蓊欝と繁茂せるところ、髣髴として一大奇景の眼下にれるを見る。されど崖高く、四邊深黒にして容易に之を辨ずる能はず。
秋の岐蘇路 (旧字旧仮名) / 田山花袋(著)