“程”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ほど89.5%
ぽど4.8%
てい2.4%
まで1.0%
くれえ0.5%
たま0.5%
0.5%
やゝ0.5%
0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
けた大根かぬかなであつた。おけば一枚紙がすやうによくなることゝ確信した。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
帽子屋ッた一人場所へたに一いことをしました、ちやんは以前よりもくなりました、だつて
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
奉行のが、真に、あなたを愛し、愛する娘を、あなたにくれる心なら、なんで将軍をかくもたびたび、死地の苦戦に駆り立てるのか。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ほんにこれお羨しい赤様の和子様にては、生ひ立ちたまふお行末が御案じ申されまするなど。あるほどの世辞いひたりしに、子を誉められて嬉しからぬはなき世の親心。
葛のうら葉 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
もお此頃馬を買った覚がある。どうだい、この馬は何程評価をする——え、背骨の具合は浅間号に彷彿だ。今日この原へ集った中で、この良い馬は少なかろう
藁草履 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
なお宣長の「あら玉来経る」説、即ち年月の経過するという意。久老の「来経る」説。雅澄の「手纏く」説等がある。宇智と同音だからそう用いた。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
「こつちはそれだひどかねえやそんでもなあ」おつぎは安心したやうにそつとした。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
暫くしてから、竹丸の聲で何か知ら「わアい/\」とし立てるのが聞えたので、若い二人は其のし聲に引かれて、裏口へ出て見ると、竹丸の姿は見えないで、突き當りの藪に近い土藏の白壁へ
天満宮 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
悪い方の部の者は折々出て来てもなかなか怖がって、余注意してどうかするとそうそう自分の山家へ逃げて帰るというような者が多い。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)