“くれえ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:クレエ
語句割合
92.9%
7.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「そいつがこの頃は御覧なせえ。けちな稼ぎをする奴は、で掃く程ゐやすけれど、あのな大泥坊は、つひぞ聞か無えぢやごぜえませんか。」
鼠小僧次郎吉 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
心配する事アえ、先生。齡ア四十一だべえが、村一番の醜婦巨女だア、加之ハア、酒を飮めば一升も飮むし、甚麽男も手餘にする惡醉語堀だで。
赤痢 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
もお此頃馬を買った覚がある。どうだい、この馬は何程評価をする——え、背骨の具合は浅間号に彷彿だ。今日この原へ集った中で、この良い馬は少なかろう
藁草履 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)