“くれ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:クレ
語句割合
30.5%
16.5%
年暮14.4%
歳暮8.5%
5.1%
4.7%
3.0%
2.5%
1.7%
1.7%
1.7%
1.3%
久礼0.8%
0.8%
年末0.8%
歳末0.8%
0.4%
0.4%
呉港0.4%
0.4%
夕暮0.4%
差入0.4%
年尾0.4%
旧臘0.4%
0.4%
0.4%
歳晩0.4%
0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
索搜密々呼出し千太郎に小夜衣よりの言傳しく語りおいらんは明てもても若旦那の事のみ云れて此頃はてばつかり居らるゝを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
亡くなつた良人が辞書などを著した学者であつたに婆さんも中中文学で、僕の為にいろんな古い田舎の俗謡などを聞かせてる。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
十日ばかりというもの風ほこりも立たず雨も降らず小春といってもないほどかな天気のつづいた今年の年暮は見るから景気だって
うつり香 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
「そうだよ。歳暮の忙しいのに、二日も三日も子供をお邪魔さして置いたんでは、先方様に、義理が立たないとか言ってね。」
次郎物語:01 第一部 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
長「真暗だから見えねえや、鼻アまれるのも知れねえにぶっッてねえで、燈火でも点けねえ、縁起がいや、お燈明でも上げろ」
文七元結 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
寅吉は氣色ばみましたが、平次は素知らぬ顏で、その土を集めて鼻紙に包みます。
一と目三井寺るる胸をは察しての鐘と、そのに忍んで打ち口説けど聞き入れざるを恨み、青年の袋の内へ銀製の名器を入れ置き、彼わが家宝を盗んだと訴え
だとうだつちんだらだつてつてろ、目玉やさうはえがねえぞつちんだから
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
隨分えことしたとえつけな、らも近頃になつてえな唐鍬滅多つたこたあねえよ、」鍛冶した唐鍬いて
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
勤行が済み次第参ろうとあって、やがてついて一泊し、明朝出立に臨み前夜通りの挨拶の後、僧また汝が朝始めた業はまで続くべしと言って去った。
△「へえ………誠にどうも、え酔って居まして大きに不調法を致しました、真平御免なさいまし」
政談月の鏡 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
松の間にここだ積む洲の土手は行けどもさびし不二の見えずて
海阪 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
山々の草枯れの色は実に美しいと東の山ばかり見ているうちはや神島まで来て、久礼はと見たけれども何処とも見当がつかぬ。釣船が追々に沖から帆を上げて帰って来る。
高知がえり (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
それもがねえ萬一のことがつちやとふもんだからけてたんだが所爲餘計で、りだからぢつきてからでなくつちやんねえし
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
その時はもう年末におしつまっていたが、間もなく年が明けて正月の元日が来た。甚六の家では屠蘇を汲み雑煮を祝おうとしたところで、持仏堂の中が怪しい音を立てて鳴りだした。
一緒に歩く亡霊 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
すると、背後の方から伸び上って見ていた一人が、それはたしか蜻蛉が持っていた櫛で、歳末に、安く売るから買わないかと言って見せられたことがあると証言した。
雪はその日のにやんだが、外記は来なかった。その明くる夜も畳算のしるしがなかった。その次の日に中間の角助が手紙を持って来た。
箕輪心中 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
堤下浄閑寺の勤めのが途切れとぎれに聞えた。
箕輪心中 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
理由糸瓜もあるものかな。お客がるというんだから、取っといたらいいじゃないか。こういうものをって済まないと思ったら、一骨折って今の腕車いてくれたまえな」
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
無残にも芸妓にして仕舞つたので——其頃兼吉は呉港に働いて居たのですが、帰京つて見ると其の始末です、数々兼吉の相談にかつたのです、一旦婦人の節操を汚がしたるものをるのは
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
御助け下されるのみならず往々落付まで御世話下さるとは誠に冥加至極有難き仕合なりと繰返々々夫婦の者は伏拜し涙にたりけり是より半四郎は國元へ出立の用意に及び日々土産など調へしが彌々明日は出立せんとれを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
音羽の九丁目から山吹町街路を歩いて来ると、夕暮を急ぐ多勢の人の足音、車の響きがかっとなった頭を、その上にもせ上らすように轟々とどよみをあげている。
うつり香 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
養母の愛師の愛君の花差入うれしと憶ひ優しむ
遺愛集:02 遺愛集 (新字新仮名) / 島秋人(著)
「そうじゃァねえか。——しかも、お前、年尾の金で百円……」
春泥 (新字新仮名) / 久保田万太郎(著)
戯作者山東庵京伝は、旧臘から筆を染め始めた黄表紙「心学早染草」の草稿が、まだ予定の半数も書けないために、扇屋から根引した新妻のお
曲亭馬琴 (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
伏羲嬉しさの余り、その婦に汝が朝手初めに懸った業は、まで続くべしと祝うて去った。貧婦帰ってまず布をし始めると、夕まで布尽きず、跡から跡から出続いたので、たちまち大富となった。
討取ば又々仕方ありと申付ければ元より惡者共の事ゆゑ金銀に喜び勇みて請合日夜三河町より須田町邊を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
壁の紙張は歳晩ま近に張りかえたものと見え、どの部分もまだ真新しく、この他には汚点など一つも見当らない。指の跡に眼を寄せて見ると、指の置き方でそれが左手の痕だということが判る。
魔都 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
うも貴方の様に人柄の優しい人と喧嘩をするとは馬鹿な野郎で、大方て居たのでございましょう、子供の時分から喧嘩早うございまして、番毎人にを付け
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)