“索搜”の読み方と例文
読み方割合
たづね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
索搜密々呼出し千太郎に小夜衣よりの言傳しく語りおいらんは明てもても若旦那の事のみ云れて此頃はてばつかり居らるゝを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)