“呼出”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
よびだ57.9%
よびいだ21.1%
よびだし10.5%
よびい5.3%
よびいだし5.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
索搜密々呼出し千太郎に小夜衣よりの言傳しく語りおいらんは明てもても若旦那の事のみ云れて此頃はてばつかり居らるゝを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
呼出しに相成白洲に於て越前守殿其人物を御覽あるに人の意趣遺恨などをみ又有りもせぬ事柄を申懸る樣成者に非ざる事を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
舟まんじゅう、ころ、夜たか、比丘尼、山ねこ、呼出、躍り子、白人脚摘、地獄、蔭間、等々々の名は、みなそれらの闇の花の代名詞だった。
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
領主 まだきに如何なる珍事出來したのぢゃ、かして呼出だすは?
偖も福井町勘兵衞勘太郎召捕れ入牢申付られしが其後大岡殿呼出の上去年霜月十七日の夜中馬喰町馬場のらに住居罷在る米屋市郎左衞門隱居の老女を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)