“惡”のいろいろな読み方と例文
新字:
読み方割合
わる50.6%
にく16.5%
8.8%
6.5%
あし4.1%
あく3.5%
わろ3.5%
1.2%
あら0.6%
わり0.6%
につく0.6%
ある0.6%
いづく0.6%
にくし0.6%
にくま0.6%
にくみ0.6%
まが0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すると其時夕刊紙面ちてゐた外光が、突然電燈つて、何欄かの活字意外んでた。
蜜柑 (旧字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
色は君子のむところにして、佛も五戒のはじめに置くといへども、流石に捨てがたき情のあやにくに哀なるかた/″\も多かるべし。
芭蕉 (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
その靈魂きてゐる人間るいことをしないために、足部をまげてるといふことがあつたものとへられるのであります。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
未だ浮世れぬ御身なれば、思ひ煩らひ給ふもなれども、六十路に近き此の老婆、いかでしき事を申すべき、聞分け給ひしかや
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
掛て飴色網代に仕立しは此伊賀亮が計ひなり如何に越前守此儀かるべきやと問詰れば越前守は言葉なく無念にへども理の當然なれば齒を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
呼出しに相成白洲に於て越前守殿其人物を御覽あるに人の意趣遺恨などをみ又有りもせぬ事柄を申懸る樣成者に非ざる事を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
して廻り場へ出行けりには七助お梅に所詮其方も旦那はなるべし取持せん事も骨折損出來ぬ時はつて首尾し然らば其方には少しも早く此處を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
無上愉快だぞ、一層みには、へた速射砲で、彼奴等つくき海賊鏖殺にしてれんに。
その泣くは、青山は枯山なす泣き枯らし河海に泣きしき。ここを以ちてぶる神の音なひ二二狹蠅なす皆滿ち、萬の物の悉にりき。
「どうしたんだよ大層いのか、までしつかりしてろよ」とをつけてたが、自分でもどうしていゝのからないのではら/\しながらした。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
さんと立上りしが荒立ては事の破れ何にもせよお浪を引さらひ女房にすれば男は立つきは富右衞門なりよきもあらば此遺恨
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
御前うかしたのかい。大變いよ」とひながら、からして、實際御米姿た。れて、れてゐた。御米はたゞ
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
(七九)閭巷てんとするは、(八〇)青雲くにずんば、んぞく(名ヲ)後世かん
して金のなきにれたり然ば左仲は一度助かりしに手下の者の手にりて果しはみならんか
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
自畫自讚に而人には不申候得共、東湖も心に被に而は無御座も丈夫と呼ばれ、過分の至に御座候。
遺牘 (旧字旧仮名) / 西郷隆盛(著)
ここに答へてのりたまはく、「まづ問はえたれば、吾まづ名告りせむ。事も一言、善事も一言、言離の神、葛城一言主の大神なり」