“凶悪”の読み方と例文
旧字:凶惡
読み方割合
きょうあく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「諸君はかれらの凶悪さを知らないのだ、もし諸君がかれらに修繕器具を貸してやれば、かれらはそのつぎに諸君の食料を要求するだろう」
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
「そんな危険は今後絶対に起こらない。あの凶悪なるダリア嬢と共犯者トビ学生は、共に本校から追放されたんだから、もう心配することはない」
海底都市 (新字新仮名) / 海野十三(著)
凶悪むざんなひたいのしわ、糸のように細められた、しかし、ものすごく光る目、キューッと三日月形にまげたまっ赤なくちびる、身の毛もよだつおそろしさです。
妖怪博士 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)