海底都市かいていとし
妙な手紙 僕は、まるで催眠術にかかりでもしたような状態で、廃墟の丘をのぼっていった。 あたりはすっかり黄昏れて広重の版画の紺青にも似た空に、星が一つ出ていた。 丘の上にのぼり切ると、僕はぶるぶると身ぶるいした。なんとまあよく焼け、よく崩れて …
作品に特徴的な語句
ちじ しょう じょ ぎゃく とどま はじ ぞう よう 下方かほう 窮屈きゅくつ 大雷おおかみなり 同胞どうほう がき 物価ぶっか どま ざっ ことわ 義兄ぎけい おびや えら 引出ひきだし たい 居住きょじゅう がい 裸身らしん おり かか はず 壁越へきご すえ 破局はきょく かろ 石塊せきかい ただ 疲労ひろう 横腹よこはら 黄金おうごん 深海しんかい あず 死霊しれい 満々まんまん 口吻こうふん 睡眠すいみん うな 和解わかい たす けん 赤裸はだか 嘲笑ちょうしょう 激昂げきこう つか 土塊どかい 指針ししん たた 誘拐ゆうかい 執念しゅうねん 気息きそく 稲妻いなづま ごと わか 角力ずもう おぼ 悪漢あっかん 一足いっそく かた なま あや 黄昏たそが べん 罪人ざいにん 恐怖きょうふ 序幕じょまく ゆか はじ 清浄せいじょう ぐさ まき くだ こう 上気じょうき ぱだか じつ 雷鳴らいめい