“預”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あずか26.6%
あづ22.4%
あず18.9%
あづか18.9%
あらかじ4.9%
あずけ3.5%
あづけ0.7%
あずかり0.7%
あづく0.7%
あらか0.7%
かね0.7%
アラカジ0.7%
パアク0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
て、アンドレイ、エヒミチは埋葬された。その祈祷式ったのは、ただミハイル、アウエリヤヌイチと、ダリュシカとで。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
三十七十四幻翁望生二人馬籠き、茶店荷物着物けてき、息子人夫んで、遺跡つた。
白い胸掛をした鶴子は、其美しきをんでみ且摘み、小さな手に持ち切れぬ程になったのを母の手にけて、また盛に摘んで居る。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
これは京橋口定番米津丹後守昌寿が、去年十一月に任命せられて、まだ到着せぬので、京橋口も遠藤がりになつてゐるからである。
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
湖山が『詩屏風』は少しく趣を異にしているので、梅痴はめこれを聞知って「是は新趣向大に面白き様存じ候」と言ったのである。
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
奉「亥太郎、森松、國藏、其の方どもがを偽る段不届であるぞ、五十日間手錠組合を申付ける、文治郎其の方ことは吟味中揚屋入を申付ける」
後の業平文治 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
云ふ女なり何時が手前に百兩などと云ふ大金をしやコレ宜加減と恐ろしき眼色にて白眼付けるを大岡殿見られコレ/\久兵衞當所を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
一寸と文呈上候。秋暑之処御安全慶賀之候。先般は御来車被下御土産に預り候所、足痛にて御目にかゝり不申、失礼致候。其後御書面にも候所、平臥御無音申候。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)
兩人ハツと鰭伏彌兵衞は吉原驛の役人を呼なる兩人の者共今宵御吟味の有之に付其方共に屹度る間願人共を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
吾人は今文明急流の中に舟を棹しつゝあり、只順風に帆をて、自然に其運行に任すべきか、じめ向て進むべき標的を一定し置くべきか、し此に盲進するも、前程に於て、渦流、暗礁
得んとせしが今業平と世評ある某侯爵はに子爵の許諾
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
メ二三ノ明眼士ト議定シ 諸侯会盟ノ日ヲ待ッテ云々○○○自ラ盟主ト為リ 此ヲ以テ朝廷ニ奉リ 始テ天下万民ニ公布云々 強抗非礼公議ニ違フ者ハ断然征討ス 権門貴族モ貸借スルヿナシ
自動車は五かそこらでそとへしておくことも出来るが、私たちは、青年ブリグスがこすく立ち廻った結果、大観覧席のすぐまえ、コウスに近いところへ割り込んで行って