“あらか”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
75.0%
12.5%
12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし何十株か何百株かの持主として、あらかじめ資格を作って置かなければならない父は、どうして金の工面をするだろう。
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
うなると彼は、今日自分の遣つた事は、あらかじめ企んで遣つたので、それが巧く思ふ壺にはまつて智恵子に自白さしたかの様に考へる。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
——扨はとばかり瀧口は、折紙のおもて凝視みつめつゝ暫時しばし茫然として居たりしが、何思ひけん、あらかじめ祕藏せし昔の名殘なごり小鍛冶こかぢの鞘卷、狼狽あわたゞしく取出してころもの袖に隱し持ち、麓の方に急ぎける。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
吾人われらは今文明急流の中に舟を棹しつゝあり、只順風に帆をあげて、自然に其運行に任すべきか、あらかじめ向て進むべき標的を一定し置くべきか、し此まゝに盲進するも