“あた”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:アタ
語句割合
24.2%
21.8%
8.6%
7.2%
6.4%
5.1%
4.4%
3.1%
2.6%
2.0%
1.3%
1.2%
1.0%
1.0%
中毒0.8%
0.7%
0.5%
0.5%
0.4%
0.4%
的中0.4%
命中0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
適中0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
衝突0.2%
0.2%
阿多0.2%
0.1%
四辺0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
中害0.1%
交渉0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
四囲0.1%
四圍0.1%
0.1%
対向0.1%
0.1%
当選0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
阿太0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
選に入ることはざりしが編輯諸子の認むる所となり単行本として出版せらるるの光栄を得たるなり。原稿料この時七十五円なりき。
書かでもの記 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
ヒはヒノキで従来から通常檜の字がててあるがこれはっていなく、檜はイブキビャクシン(略してイブキという)の漢名である。
植物記 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
しかもけっして既成れた宗教や、道徳残滓を、色あせた仮面によって純真心意所有者たちにえんとするものではない。
左門に追われて逃げた十数人の五郎蔵の乾児たちは、紙帳の角から少し離れたりで一団となり、左門を迎え撃つ姿勢をととのえた。
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
これはつまり土地御守護らるる神様でございまして、その御本体最初からしの自然霊……つまり竜神様でございます。
此時いて、きな歩兵眞直に、それからつて、背後にあつた一つて粉々れました。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
逆手ひてたりしかば是は何事ならんと氣付へて樣子敵討なりと申半左衞門いに驚き早々町役人
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
豪傑知事安場保和から福岡市の対岸にる向い浜(今の西戸崎附近)の松原の官林を貰って薪を作り、福岡地方に売却し始めた。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
すべての女が相当ならしいテクニカル・タームを覚え青踏社時代の新しさは近代の女性には常識程度に普遍化されて来た様です。
新時代女性問答 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
お偉がたにしてみればそれが頭痛の種でしてね、ですからお顔のり方、おぐしの作り方が、それはそれは大事な役目だったわけです。
突然私の顔の右側に、ってきたものがありました。すると、その部分に焮衝が起って、かっと燃え上ったように熱っぽく感じました。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
それはかもかの仏蘭西の植木家の手になるピラミツド形、車輪形或は花環形の奇異なる草木をらに連想せしむるのみで
婦人解放の悲劇 (新字旧仮名) / エマ・ゴールドマン(著)
忍ヶ岡と太郎稲荷の森の梢には朝陽が際立ツてツてる。入谷は尚ほ半分靄に包まれ、吉原田甫は一面の霜である。
里の今昔 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
貴様の言うごとくら天下を料理する考えを真面目に有するなら、長州家老適否のごとき歯牙にかくるにいなきものである。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
行動的の中毒り方はいろいろあろうが、食後三十分間後、すぐに死斑を顔に生じるような怖れなどは、絶無だと僕は信じるほうの組だ。
河豚 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
右の果実はその恰好がかも三味線のに似ている所から、この草をバチグサともペンペングサとも称する。
植物記 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
其時服裝にも、動作にも、思想にも、當世らしい才人面影らして、世間げつゝ、かうとりを濶歩した。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
客一人帰ったあとの座敷の中は、シャンデリアを包んで煮詰った物の匂いと煙草の煙りとが濛々としている。小女と出前持の男は、鍋火鉢の残り火を石のに集めて、っている。
家霊 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
着替着類竿に掛け再び圍爐裡へ來りてれば二日二夜のしみに心身れし上今十分に食事を成して火にまりし事なれば自然眠氣
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「お寒う御座います。どうぞおり下さいませ。」母子は靜かに水のたれる音を耳にしながら火鉢によつた。
三十三の死 (旧字旧仮名) / 素木しづ(著)
ただ「これはこうだナ」とか「それはそうだナ」とか感じた事が百発百中図星的中っている事で、新聞記者が朝眼を覚ますと同時に「今日は何か事件の起りそうな日だな」と思ったり
暗黒公使 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
命中つたが最期殻の刺毛人間の五六人は殺せるし、命中らなかつた所で、けさへすれば激しい臭味でもつて一大隊位の兵士を窒息させるのは朝飯前だといふのだ。
縁側に出て庭の木犀る日を眺めていると、植木屋の裏の畠の方から寂しい蛙の鳴声が夢のように聞えて来る。祗園の祭も近づいた、と私は思った。
芽生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
差付けらるるを推除くるに、コップはくも蒲田の手をれば、莨盆火入りて発矢と割れたり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
そして、彼にらず、後ろのものが胸を撃ち貫かれて即死した。
微笑 (新字新仮名) / 横光利一(著)
渠はますます狂いて再びかんとしたりしかば、白糸はるを幸いめったりにして、弱るところを乳の下深く突き込みぬ。これ実に最後の一撃なりけるなり。
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
必ずしもそれほど下品な料簡から出るとは限らないという推断もついて見ると、いったん硬直になった筋肉の底に、またたかい血がい始めて、徳義に逆らう吐気なしに
彼岸過迄 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
そして、朝のらしい、光りに対する歓喜の為めに、無意識に床のなかゝら、つやゝかなゆたかな片腕をさしのべて、枕際の窓のカーテンを引きあげようとした。
咲いてゆく花 (新字新仮名) / 素木しづ(著)
をしそうな様子も見えぬので、恐ろしいとも思わぬのである。
山椒大夫 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
弁護人としては被告の弁護権を擁護するの重責があるとともに、又司法権が如何に正当に行用されるかを監視せねばならぬ。田村榛沢以下数名の弁護士は今に其任につた。
畜生道 (新字旧仮名) / 平出修(著)
やはりあの狸穴の先生が云った事は適中っていたので、母は何か人に、つけ狙われるような憶えがありましたために、自分達の居所をできるだけ隠そうとして
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
燕王手をって笑って、李九江膏梁豎子のみ、未だて兵に習い陣を見ず、うるに五十万の衆を以てす、自らにする、と云えるもの、酷語といえども当らずんばあらず。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
いまの無礼の雑言だけでも充分に、免職、入牢の罪にいします。けがらわしい下賤の臆測は、わしの最も憎むところのものだ。ポローニヤス、建設は永く、崩壊は一瞬だね。
新ハムレット (新字新仮名) / 太宰治(著)
また今更えれば旅行りて、無惨々々ら千てたのはいかにも残念酒店には麦酒が三十二る、家賃とてもそのり、ダリュシカは古服やら、書物などをっている。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
おほ神のいはへる國のますらをの矢先に向ふあらめやは (千種有功)
愛国歌小観 (旧字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
川の浜に一匹の仔山羊あり
河馬 (旧字旧仮名) / 中島敦(著)
遥か南々西に位する雄峰乗鞍岳にるのには、肩胛いと広き西穂高岳が、うんと突っ張っている、南方霞岳に対しては、南穂高の鋭峰、東北、常念岳や蝶ヶ岳をうには、屏風岩の連峰、北方の勁敵
穂高岳槍ヶ岳縦走記 (新字新仮名) / 鵜殿正雄(著)
一、拘留又ハ科料ニル事件ハ金三十円トス
はじめ日向の國においでになつた時に、阿多小椅の君の妹のアヒラ姫という方と結婚して、タギシミミの命・キスミミの命とお二方の御子がありました。
「御前にさえ、そのくらい似合うなら、しにだっておかしい事あないだろうじゃないか」「きっとよく御似合い遊ばします」
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
染め出したのでございます。しには地味過ぎていやだから御前に上げようとおっしゃった、あれでございます
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
櫓は、一杯の明るい日射しを受けて、ぽかぽかと暖かく、四辺りには、他に人影が見えなかった。
夢鬼 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
けれども、誰か座員が、四辺りを、よく注意して見たならば、この稽古場の隅の、薄暗いところから、隠れるようにして、この様子を見詰めている葉子に、気がついたろう。
夢鬼 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
五「それは余りお固いお洒落でげすな、が洒落ましょう、斯ういうのは何うでございます、大黒様が巨燵ってるのでございます、大黒かいと」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
それから乱暴勝てえ野郎が焚火って、金太という奴を殴るみにぽっぽと燃えてる燼木杭を殴ったかららねえ、其の火が飛んで金太の腹掛の間へって、苦しがって転がりやアがったが
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
安政四年になって銀鎖煙草入流行った。香以は丸利にえて数十箇を作らせ、取巻一同に与えた。古渡唐桟の羽織を為立てさせて、一同にえたのもこの頃である。
細木香以 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
これに反して子之助は、人にうる物に種々の趣向を凝らし、その値の高下を問わなかった。丸利、丸上、山田屋等の袋物店に払う紙入、煙草入の代は莫大であった。既にして更衣の節となった。
細木香以 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
や! 把手に手をかけたな、引っぱってる、ってみてるぞ! ははあ、さては奴さん、錠がおりてないつもりでいたんだな! してみると
何者かが本當にドアの外に佇んで、そっと音も立てずに錠をって、外から把手を引っぱっているのであった。つまり『こうなってはもう、目的あってやっているにきまってる』
跋文を読むに、この書は二世瑞仙晋の子直温子徳が、慶応元年九月六日に、初代瑞仙独美の五十年忌辰って、に歴代の位牌を作り、せてこれを纂記して、嶺松寺に納めたもので
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
先生河豚中害つて、はないんださうです。」
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
江戸根津権現のうら曙の里の剣道指南小野塚鉄斎方に秘蔵されていると知られたから、江戸の留守居役をとおして金銀に糸目をつけずに交渉らせてみたが、もとより伝家の重宝
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
茲に於てか何時か何処かでの人が皆神の救を見ることの出来る機会がえられざるを得ないのである
物の弊あるは物のなり。聖人といえどもめこれがをなすわざるなり。羅瑪を復するや教門の力により、その敗るるやまた教門によれり。
教門論疑問 (新字新仮名) / 柏原孝章(著)
倫理の矢につてちる倫理の小禽。風景の上に忍耐されるそのフラット・スピン!
測量船 (新字旧仮名) / 三好達治(著)
これ昔天孫降下ましましし時、衢神猿田彦大神長さ七の高鼻をひこつかせて八達之衢に立ち、八十万の神皆目勝って相問を得ず。
葉子は、ふと気がついたように、四囲りを見廻してみると鼻血を出した為か、もう黒吉の姿はなく、他の少年座員達が何か密々と囁き合いながら、銘々に稽古を始めるところだった。
夢鬼 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
四圍りは、靜かだつた。ランプが、時々明るくなつたり、何處かへ吸ひこまれるやうに、暗くなつたりした。裏口の側にある馬小屋の馬さへ、しつぽの音も、蹄で床をたゝく音もさせなかつた。
防雪林 (旧字旧仮名) / 小林多喜二(著)
えみしらがせむ舟を拂ひすて大海原にいぶきすててむ (同)
愛国歌小観 (旧字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
それを武器として大詐欺師に対向り、大詐欺師をして屈伏せしめ、白金三十枚を詐欺師の手から、巻き上げようとしたのであった。
銀三十枚 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
日蓮聖人の消息文の中から、尼御前たちにへられた書簡を拾つてゆくと、安産の護符をおくられたり、生れた子に命名したりしてゐて、哲人日蓮、大詩人日蓮の風貌躍如として
「之でも懸賞小説の方ぢやア亀之屋万年と云つて鑑定証の付いた新進作家だ。今度当選つたら君が一夜の愉快費位は寄附する。」
貧書生 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)
あどうでもええようにすんがええや
禰宜様宮田 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
か主の心を知りし、孰か彼と共に議することを為せしや、孰かまずかれにえてそのんや、そは万物は彼より、かれにり、かれに帰ればなり、願くは世々神にあれ、アーメン。
基督信徒のなぐさめ (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
『あゝ日がつて来た、』と音作は喜んで、『先刻迄は雪模様でしたが、こりや好い塩梅だ。』斯う言ひ乍ら、弟と一緒に年貢の準備を始めた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
音なればこれも普通の客観的の者ならざるはいふまでもなし。の歌よみはより咎むるにもらず。
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
三毛子は嬉しそうに「あら御師匠さんが呼んでいらっしゃるから、し帰るわ、よくって?」わるいと云ったって仕方がない。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
ぱちぱちといさましく、ひら/\とへて火鉢のやゝうなれば、さまはのやうなきをでもしたかのやうに、千葉もおりとやりて、今宵けてをと
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
を列ねてひ、歌を聞きて仇を伏しき。すなはち夢にりて神祇をひたまひき、所以に賢后と一〇。烟を望みて黎元を撫でたまひき、今に聖帝と傳ふ一一
牛には牡ばかりでなく牝もあって、その牝にだってその健気な天質はえられているでしょう、私は荷牛でいいの。
は大糜にり、月は夾鐘に、清原の大宮にして、昇りて天位にきたまひき。道は軒后にぎ、徳は周王にえたまへり。乾符をりて六合をべ、天統を得て八荒をねたまひき。
「科学者が外界の現象を取り入れてそれを秩序立てる時に用いる一種の型は畢竟するに哲学的な思索の種々な型のいずれかにらないものはない」
真葛原なびく秋風吹くごとに阿太大野る 〔巻十・二〇九六〕 作者不詳
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)