“あたへ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:アタヘ
語句割合
33.3%
16.7%
16.7%
16.7%
16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かくて別家する時家の物二ツにちて弟にんと母のいひしに、弟は家財ず光る石を持去んといふ。
およそこの倭建の命、國けに𢌞りでましし時、久米が祖、名は七拳脛膳夫として御伴仕へまつりき。
またの祖、の祖、またむことを知れる人、名は仁番、またの名は須須許理等、まゐ渡り來つ。かれこの須須許理、大御酒をみて獻りき。
より三歳山田竪琴草子なる一篇つて、からつ者であつたのは奈何です、ふ物を書いたから
硯友社の沿革 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
かて、知りまへんがな、……こんなとこ。……』
東光院 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
んとて懷中より三出し長助へ渡しけるに長助は大地鰭伏此御恩れまじとてびけり是よりはして長助而已毎度めの惡巧みを内通して又七を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)