“あし”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:アシ
語句割合
26.0%
19.2%
18.0%
9.0%
7.3%
4.5%
2.7%
2.5%
2.0%
1.0%
1.0%
0.8%
0.7%
0.6%
0.6%
0.4%
0.4%
鳥目0.3%
0.3%
0.3%
0.2%
両脚0.2%
脚部0.2%
蘆荻0.2%
足蹠0.2%
0.2%
下肢0.1%
0.1%
0.1%
唖子0.1%
四肢0.1%
容脚0.1%
待遇0.1%
歩速0.1%
脚歩0.1%
蘆葦0.1%
足趾0.1%
0.1%
0.1%
速力0.1%
0.1%
0.1%
阿四0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
は、ほのかにもとをあたためて、のうちには、まだったが、で、しかし、らかにをうたっていました。
丘の下 (新字新仮名) / 小川未明(著)
「おうい、見ろみろ、また気狂いどもがやって来やがった。なんでェ、あのつきは。あいつら、頭の加減でも悪いんじゃないのか」
キャラコさん:07 海の刷画 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
フランボーは揺れる舟の中にいきなり背丈一ぱいに立上りさま、その男に『蘆が島』もしくは『の家』を知っているか、と訊ねた。
さきごろは又、『めくら草紙』圧倒的にて、私、『もの思う』を毎月拝読いたし、厳格の修養の資とさせていただいて居ります。
虚構の春 (新字新仮名) / 太宰治(著)
さあ、何処にいるか。其様なこと聞きゃしないさ。……それでも私、後で可哀そうになったから、持っていたおを二三円あったのを
別れたる妻に送る手紙 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
嫌つたと云ふ訳なら、さうかも知れませんけれど、私はての人間が嫌なのですから、どうぞからず思つて下さい。貴方も御飯を
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
まもなく、江のまん中を、斜めにぎるうち、の茂みをいて、チラとべつな一隻が見えた。すると、こっちから阮小二が呼んだ。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その早やな筋立のないフィルムだが、筋立はなくともどうやら一つの輪郭を、漠然とした意味をそれらが暗示しようとするから妙だ。
銀座街頭 (新字旧仮名) / 三好達治(著)
「彫れますかな? 本式の親分になるに。……そしたら、僕も、やっぱり、龍を彫ります。そして、百合の花をに握らせますよ」
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)
と、げて、十九日、いよいよ大坂を出発せんと、意を決した前夜、またも火のつくような凶報が、紀州方面から入った。
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
階下にいたブラッチ夫人は、頭の上の浴室で、踊るような音がするのを聞いた。ちょっと静かになった。すると一声笑うような声がして、湯をね返す音がした。
浴槽の花嫁 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
手入らずのおかからずだとて、客をもてなすにも清子のお粥である。良人はよくこう冷やかした。
茶粥の記 (新字新仮名) / 矢田津世子(著)
一面の砂丘のうねりの所どころに、丈の高いの繁みがあつて、そのかげで雲雀が、何か含み声でしきりに啼いてゐた。
少年 (新字旧仮名) / 神西清(著)
「あり勝ちの夫婦喧嘩ですから、どうかからず」と云つて、若いが、こんな場合だけに血の氣の失せたやうな顏で笑つた。
若い男性に囲まれながら、彼等を軽くらつてゐる夫人の今日の姿は、又なく鮮かだつた。青磁色の洋装が、そのスラリとした長身に、ピツタリ合つてゐた。
真珠夫人 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
味噌こし下げて端たのおを手に握つて米屋の門までは嬉しく驅けつけたれど、歸りには寒さの身にしみて手も足もかみたれば五六軒隔てし溝板の上の氷にすべり
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
その時はこの時雨榎の枝の両股になってる処に、仰向に寝転んでいて、烏のえた。
化鳥 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
これ/\う云うお武士が可哀想だと仰しゃって紙に包んで下さいましたのを、お鳥目かと存じてへ帰り開けて見ると金子でございました、親に御飯を喰べさせる事も出来ん様な難渋な中ゆえ
政談月の鏡 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
松をまた人間に当てめるならば車の矢の様に四方に出る枝は睦まじい一家の団欒にも比する事が出来ますし、またをなした葉は何時も離れず連れ添うて居り
植物記 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
御領主にも関係しているらしい一大事なんて、かれかれそうした事件に掛り合っては、まかり間違えば実際首が飛ぶ。
備前天一坊 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)
「嫌わなけりゃ、の話を聞いてもらいたい」
蟹の怪 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
『オイオイ。ここは湊屋の仁三郎が長うなっとる。誰か両脚の方ば抱えやい』
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
私の友人に荒谷実乗という人がいます。たいへん豪胆な、意志の鞏固な男ですが、彼がかつて軍隊にいた時、何かのはずみで、脚部を負傷したのです。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
台下にはちらりほらり、貧しそうな農家は有るが、新利根川には一軒も無く、唯蘆荻楊柳が繁るのみで、それもだ枯れもやらず、いやに鬱陶しく陰気なので有った。
死剣と生縄 (新字新仮名) / 江見水蔭(著)
そして、それ以下の擂木は、義足の中でブラブラ遊んでいるのだ。つまり、足蹠の作用をするものの所在が、非常に重大な点なのであって、無論犯人は、その部分に刺戟を与えたのだったよ。
夢殿殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
道学先生の世迷言のように思って、鼻でらっていた男だが、不思議な事には、此時此手紙を読んで吃驚すると同時に、今夜こそはとり立っていた気が忽ちえて、父母りに懐かしく
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
なぜなら、元来その病は、上肢にも下肢にも、どちらにも片側だけに起るもので、体温は死温に等しくなり、また、脈は血管硬化のために、触れても感じないというほど、微弱になってしまうのです。
潜航艇「鷹の城」 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
「あら、小さいんで極りの悪い事ね……おが高いもんですから、賤の女でござんすわいな。ほほほほほ。」
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
驚きに驚かされし静緒は何事ともへねど、すべきほどには推して、事の秘密なるを思へば、の顔色のさしも常ならず変りて可悩しげなるを、問出でんもやをりかねて
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
この時また文法書を学ぶ。文法を知らざれば、書を読みて、その義理を解する事、能わず。我が言葉をもって我が意を達するに足らず。言葉、意を達するに足らざるものは、唖子に異ならず。
十七といふにしては、成熟しきつた肉體で、やゝ派手な不斷着に包んだ胸も、四肢も、ハチきれさうな豐滿さです。
暖い太陽の下では枝もたわわに檸檬が色づき、背景には雪の山頂をきらめかすアルプスの連峰、コルクと松の木の生えたサント・オノラの朱色の岩は、紫紺色の海にその容脚を浸し
今にも窒息せんず思いなるを、警官は容赦なく窃盗同様に待遇らいつつ、この内に這入れとばかり妾を真暗闇の室内に突き入れて、またし固めたり。
妾の半生涯 (新字新仮名) / 福田英子(著)
男の歩速と、女の歩速——
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
四方の山々いよいよ近づくを見るのみ、取り出でていうべき眺望あるところにも出会わねば、いささか心もみて脚歩もたゆみ勝ちに辿り行くに
知々夫紀行 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
路傍は高萱と水草と、かはる/″\濃淡の緑を染め出せり。水は井字の溝洫に溢れて、處々のみには、丈高き蘆葦、葉睡蓮(ニユムフエア)を長ず。
そう言って、高い木沓を脱ぐと、なかから、それは異様なものが現われた。双方の足趾は、いずれも外側にっていて、大きな拇趾だけがさながら、大のように見えるのだった。
紅毛傾城 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
それが鳴きながら一方のだけで地べたをとんとんと飛ぶのもあれば、羽ばたきをしながら走るのもあって、それが大異の周囲をぐるぐると廻りだした。
太虚司法伝 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
眼と、眼と蹠という風に模様がはいってますのよ……。
「そんなに速力の出る馬をどこから手に入れることが出来たのだ。」
艸木虫魚 (新字新仮名) / 薄田泣菫(著)
びみ、そーれー、たい。」
奥間巡査 (新字旧仮名) / 池宮城積宝(著)
紫の房々とした葡萄の房を描いて、光線をらった、そこにばかり日の影がして、明るいようで鮮かな、露垂るばかりの一面の額、ならべて壁に懸けた標本の中なる一輪の牡丹
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
三年このかた彼がこの著物に手を通したのは只の二度切りで、一度は彼の大きらいな疱瘡阿四が病気した時、もう一度は彼の店を叩き壊した魯太爺が死んだ時だ。そうして今がちょうど三度目だ。
風波 (新字新仮名) / 魯迅(著)