あし)” の例文
ラマとだちょうはしばらくもじもじしていたが、自分が開放されたと気づくやいなや、うしろも見ずに長いをひるがえして走り去った。
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
その時はこの時雨榎の枝の両股になってる処に、仰向に寝転んでいて、烏のえた。
化鳥 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
鶏の中でも極めて小さいもので、の高さがわずか一、二寸、それが低いほど、またが小さいほど好いものとなっています。小さいのは南京チャボとか地※りとかいって脚もも眼も黄色です。
おまへのその、白い二本の
山羊の歌 (新字旧仮名) / 中原中也(著)
其時はこの時雨榎両股になつてるに、仰向寝転んでて、へた、それかられてある、あのしめぢつた、沙魚をぶちまけて、散々悪巫山戯をした揚句
化鳥 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)