“蚊脛”の読み方と例文
読み方割合
かずね100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
小僧を、根附で、つけて、留桶に、流臺蚊脛をはだけて、せた仁王
銭湯 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
羽にれたように灯影が映る時、八十年にも近かろう、びたの、彫刻また絵画の面より、頬のやや円いのが、萎々とした禰宜いでたちで、蚊脛を絞り、鹿革の古ぼけた大きな燧打袋を腰に提げ
貝の穴に河童の居る事 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)