“蚊”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
98.2%
あぶ0.9%
0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さてはや、念佛題目大聲鯨波げてつてたが、やがてくやうにつてしまふ。取亂さぬ一人もない。
旅僧 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
山茶花の咲く冬のはじめごろなど、その室の炭のいが漂って、淡い日がの鉢植にさして、白い障子にの弱いがブンブンいっているのを聞きながら
イアテルヨリハ、ワガ思念開陳体系ミチチテリ、アラワナル矛盾モナシ、一応首肯スレバ、我事オワレリ、白扇サットヒライテ、スネノウ。
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)