“棒振”の読み方と例文
読み方割合
ぼうふり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ましてや天蓋のの息しずかに、竹とはいえその尺八から、剣にも等しい一脈の殺気が迫ってくるところ——どうして冴えている! 奥行の知れない深味がある。棒振剣術や雑剣客のではない。
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)