鳴門秘帖なるとひちょう01 上方の巻01 かみがたのまき
安治川尻に浪が立つのか、寝しずまった町の上を、しきりに夜鳥が越えて行く。 びッくりさせる、不粋なやつ、ギャーッという五位鷺の声も時々、——妙に陰気で、うすら寒い空梅雨の晩なのである。 起きているのはここ一軒。青いものがこんもりした町角で、横 …
作品に特徴的な語句
下手へま づか かたち べん 微笑わらい よじ ロップ じば しあわ あでや 退しさ かわ ざか うわ なり こう こう おと しょ かたえ さわ いら ともし 水浸みずづか づみ 植込うえこ うし ちょう びさし づま れん 喘々ぜんぜん こう がしら れい がん ほっ ぼう から ぽう なり てっ ぴき ほぐ づめ 貫目めかた 女中おんな せき 退しりぞ 兄弟はらから かた じょう なま おも 上書じょうしょ この きょく とど まな 線描せんが 頭巾もの おわ 大輪おおわ なな ばく ちぢみ なぶ くう はず ゆる かかわ 乱打らんう つかま どき りゅう 股引ぱっち 異国あっち がたな 退さが
題名が同じ作品
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
鳴門秘帖:03 木曾の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
鳴門秘帖:04 船路の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
鳴門秘帖:05 剣山の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
鳴門秘帖:06 鳴門の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)