鳴門秘帖なるとひちょう06 鳴門の巻06 なるとのまき
さて、その後またどうしたろうか、お千絵様は? かの女の今の環境はしずかであった。爽やかな京の秋がおとずれている。 部屋の前はひろい河原で、玉砂利と雑草とを縫う幾すじもの清冽は、加茂の水と高野川の末がここで落ちあっているのだと、和らかい京言葉 …
作品に特徴的な語句
じゅう あと せん いき うりょ 真向まむこ めい じょ づき うし 追従ついじゅう がしら くわ るい しも かい づめ 退しりぞ かぶり よう とも まな とつ ばく 虚言いつわり 左手さしゅ じょう 退さが おさ めえ から 下手したて 嘲笑わら つい かご 小悪しょうあく じょう つい めっ けん もぐ ぬの こと へり そめ よえ はず とぎ 大勢たいせい つむり 提灯ぢょうちん 退 きく 華奢かしゃ がね 犠牲にえ ぞう 咽喉いんこう 下手したで かしず 船夫ふなこ くう ひよ 魚眼ぎょがん 囃子ばやし から じつ あらた ばこ 嫋々なよなよ こび 竹笛ちくてき あま 外科げか 天主デウス こん 立会たちあ ごう はえ ひと 空文からぶみ
題名が同じ作品
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
鳴門秘帖:03 木曾の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
鳴門秘帖:04 船路の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
鳴門秘帖:05 剣山の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)