“手向”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
たむ67.1%
たむけ22.2%
たむく2.5%
てむ2.5%
てむか1.9%
てむけ1.3%
おたむけ0.6%
たうげ0.6%
てむかい0.6%
タム0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
このいたいけな少年の手を合され質朴な老爺や婦人たちの一本な涙の回向手向けられて、これに感動せぬ墓があったであろうか。
逗子物語 (新字新仮名) / 橘外男(著)
そは戦敗の黒幕にわれ、手向の花束にかざられたストラスブルグの石像あるがために、一層偉大に、一層幽婉になったではないか。
曇天 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
遠くも無い寺して御先祖様の墓に一束手向さより孫娘に友禅る苦しい方が仕易いから不思議だ、損徳を算盤ではじき出したら
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
がやさしくて、けっしてして手向かいなどをしたことがありません。いつもにいじめられて、しくしくいていました。
白すみれとしいの木 (新字新仮名) / 小川未明(著)
大きなピストルをさしつけておどかされたので、手向ひができず、声を立てる者さへありませんでした。
エミリアンの旅 (新字旧仮名) / 豊島与志雄(著)
「好きで手向えをするんじゃねえ、たちが手向えをするように仕かけるから手向えするんだ、素直らとムクを通してくれ、道をあけて通してくれりゃ文句はねえんだ、やい通しやがれ」
大菩薩峠:06 間の山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
小「はい、それは回向の曲、手向の曲と云うのが有りますから、笛で手向は出来まする」
この地方では、たいてい六七年目に手向(羽黒)から巫女が来て着せるのだという。
銓は初め忍んで黙っているが、には「おっさん、だ」といって、手を挙げて打つ真似をする。宗右衛門はって「親に手向をするか」といいつつ、銓をで乱打する。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
父君に我は愛子ぞ。母刀自に我は寵子ぞ。参上る八十氏人の 手向けするに、り、我はぞ退る。遠き土佐路を
相聞の発達 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)