“たむ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:タム
語句割合
手向87.6%
9.1%
多武1.7%
0.8%
0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
塔婆にそれから其處ら一卵塔線香しづゝ手向けて、けてほつかりとつた提灯げてつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
一旦退いた討手の勢はそれと見るより引っ返して再び門に迫ったが左右なく討ち入る事もせず同じ場所にろして空声ばかりを上げるのであった。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
多武ノ峯のうへに石垣をめぐらした観台をおこさうとされて、香具山の西からはるばるの山まで運河を切りひらき、舟二百隻に石材をつんで宮の山すそまで運んで来させた折にも
春泥:『白鳳』第一部 (新字旧仮名) / 神西清(著)
温泉あり。綿の湯といふ。上中下ている。上の湯は清灑にして臭気なし。これを飲めば酸味あり。上の湯の流あまりをるを中といひ、又それにを下といふ。轎夫駄児の類浴する故穢濁なり。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
されば今の世の子弟が不遜軽躁なることもあらば、その不遜軽躁は天下の大教場たる公議輿論をもって教えたるものなれば、この教場の組織を変革するに非ざれば、その弊をるによしなし。
徳育如何 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)