春泥しゅんでい『白鳳』第一部
大海人は今日も朝から猟だつた。午ちかく、どこではぐれたのか伴の者もつれず、一人でふらりと帰つてくると、宮前の橿の木のしたで赤駒の歩みをとめた。 舎人の小黒が、あわてて駈けだしてきて、手綱をおさへる。そして何か言つた。 「ほう、嶋が?多治比ノ …
作品に特徴的な語句
あたい こた まろ やまと 夫人おおとじ いらつめ たぐ むらじ いね いそ あや みめ 鴛鴦おし 王女おおきみ いも ふひと 太后おばば 御念みおも かみ 海路うなじ 十市とおち 朱華はねず 渦巻うずまき えつ 新京にいみやこ いのこ 故宮ふるみや 築地ついじ おもんばか くら のち 大兄おいね 皇女ひめみこ 多武たむ いえ 額田ぬかた 長柄ながら 父祖みおや 螺鈿らでん 進捗しんちょく たね 舎人とねり 簀子すのこ 行籘むかばき 間人はしひと 麁布あらたえ 魁偉かいい ひそ 韓人からびと 雉子きじ 雁雁かりがり けみ 閤門こうもん おお 采女うねめ 遠智おち 氷上ひかみ 造媛みやつこひめ 跪坐きざ そし たれ 観台たかどの 括緒くくりお した 先后さきのきさき 内臣うちつおみ 咫尺しせき しお 大伯おおく 太后おおきさき 妹媛いろと 姫王ひめみこ 宿業しゅくごう 川原かわら 平群へぐり 征路みゆき 後顧こうこ 悄気しょげ 童謡わざうた 敏捷びんしょう 敷瓦しきがわら 斑雪はだれ 新羅しらぎ めぐ 橿かし 母娘おやこ 毛脛けずね 海人あま うみ 狭名さな 献替けんたい 白雉はくち 百済くだら 皇子みこ
題名が同じ作品
春泥 (新字新仮名)久保田万太郎 (著)