“姫王”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひめみこ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“姫王”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
よく妹の額田ぬかた姫王ひめみこから、姉さんは冷めたい、水江の真玉またまみたいに冷めたい——と、からかはれる夫人であつた。
鸚鵡:『白鳳』第二部 (新字旧仮名) / 神西清(著)
キサキのやまと姫王ひめみこが、なか皇命すめらみことの資格において、りつぱに神と人とのあひだの仲だちをつとめてゐたからである。
鸚鵡:『白鳳』第二部 (新字旧仮名) / 神西清(著)