鸚鵡おうむ『白鳳』第二部『はくほう』だいにぶ
その鸚鵡——百済わたりのその白鸚鵡を、大海人ノ皇子へ自身でとどけたものだらうか、それとも何か添へぶみでもして、使ひに持たせてやつたものかしら……などと、陽春三月のただでさへ永い日を、ふた昼ほど思ひあぐねた鏡ノ夫人は、あとになつて考へれば余計 …
作品に特徴的な語句
夫人おとじ いらつめ 女王ひめみこ むなし おおきみ 日向ひむが 王女みこ 王女ひめみこ たか きみ 氏上このかみ じし いらつめ 巫呪ふじゅ なか 太子みこ 大兄おいね 額田ぬかた おとがい ひく 十市とおち かす 百済くだら 稜々りょうりょう たね 鬼子おにご 皇命すめらみこと 耄碌もうろく 精悍せいかん 真玉またま つぶ 粧靨しょうよう 秕政ひせい 采女うねめ 不逞ふてい 高市たけち 骨柄こつがら 韜晦とうかい 面変おもがわ 青蓮せいれん 長矛ながほこ 金色こんじき 胸裡きょうり 遠智おち 跳梁ちょうりょう 赤兄あかえ 褐媛かちひめ 蓮子むらじ 葛野かどの 莵野うめ 芙蓉ふよう 凄艶せいえん 婉然えんぜん 姫王ひめみこ 奇貨きか 太后おおきさき 大柔おおぬ せき くちばし 勃興ぼっこう 媚態びたい 八釣やとり 全幅ぜんぷく かし やまと 他人ひと 二重ふたえ 二十はたち 沈滓おり 狡智こうち 牢固ろうこ 燭火ともしび 煥発かんぱつ 濃艶のうえん 淫虐いんぎゃく さら 産褥さんじょく くら 敏捷びんしょう 揺曳ようえい 心悸しんき 寵姫ちょうき 宅子やがこ 嬌羞きょうしゅう
題名が同じ作品
鸚鵡:(フランス) (旧字旧仮名)福士幸次郎 (著)