“螺鈿”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
らでん98.6%
かながひ1.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
蝋塗りに螺鈿を散らした、見事ながそこに落散つて、外に男持の煙草入が一つ、金唐革に、その頃壓倒的に流行つた一閑張の筒。
彼の今日ある第一の功労者といえば赤兎馬であろう。その赤兎馬もいよいよ健在に、こよいも彼を螺鈿鞍上に奉じてよく駆けてゆく。
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)