“叺”の読み方と例文
読み方割合
かます100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あの一段高い米のの積み荷の上に突っ立っているのが彼奴だ。苦しくってとても歩けんから、鞍山站まで乗せていってくれと頼んだ。
一兵卒 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
蝋塗りに螺鈿を散らした、見事ながそこに落散つて、外に男持の煙草入が一つ、金唐革に、その頃壓倒的に流行つた一閑張の筒。
炊事場の掃溜場から、を吊した例の棒を肩に掛けて腰を上げると、籾、羽二重、村長を呟くかわりに、爺はう怒った様に喚くのである。
(新字新仮名) / 金史良(著)