“鋲”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
びょう88.5%
びやう8.2%
びよう1.6%
べう1.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一つお目にかけて置きたいのは、このの頭です(と、前夜卓子の脚のところから拾いあげた針のとれている鋲の頭を示しながら)
麻雀殺人事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)
千万の誓ひの言葉や、のやうにしつかりとめた筈の純粋さなぞは、泥土にまみれて平気なのであらう……。
浮雲 (新字旧仮名) / 林芙美子(著)
そしてその會合部は、上から下まで、多くの大きなを以つて固められた。そして又その鋲の個所々々も、一たび熱せられて、打たれて、そして鍜へられて、釜の本體と一緒になつてしまつた。