“鉄鋲”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
てつびょう71.4%
てっぴょう14.3%
ナッツ14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鉄鋲”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 小説 物語5.8%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
おおいかかった葉柳に蒼澄んだ瓦斯燈ガスとうがうすぼんやりと照しているわが家の黒門は、かたくしまって扉に打った鉄鋲てつびょうが魔物のようににらんでいた。
山の手の子 (新字新仮名) / 水上滝太郎(著)
ゲリラが出てレールを破壊したり、鉄鋲てつびょうを外したりする。
狂い凧 (新字新仮名) / 梅崎春生(著)
時に、鉄鋲てっぴょうった鉢兜はちかぶと小具足こぐそくをつけ、背に伝令旗でんれいばたし立てた一、伊那丸のめいをうけて、五陣のあいだをかけめぐりながら、
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
しなりのいいマニラ帆綱ロウプのさきに、鉄鋲ナッツを結びつけた喧嘩用武器の大見せ場デスプレイだ。