けむりを吐かぬ煙突けむりをはかぬえんとつ
外はスゴイ月夜であった。玄関の正反対側から突出ている煙突の上で月がグングンと西に流れていた。 庭の木立の間の暗いジメジメした土の上を手探りで歩いて行くうちにビッショリと汗をかいた。蜘蛛の巣が二三度顔にまつわり付いたのには文字通り閉口した。道 …
作品に特徴的な語句
くび ゆう ぱな 敏感デリケート またたき くう つい ざら けん にわ 取交とりま わたし 寝台ベッド 少年こども きれ のち 御尤ごもっとも 抽斗ひきだ かか 明日あした さつ 燈火あかり 生汗あせ じゃ うち ふた 人数にんず 今朝けさ 仕舞しま 仰言おっしゃ 何糞なにくそ しか 冴切さえき 刃尖はさき 切屑きりくず 剃刀かみそり 効果ききめ 半切はんせつ 卓子テーブル おろ 取毀とりこわ 叮嚀ていねい 可笑おか うな うしな 坩堝るつぼ 夏桀かけつ おびただ 大凡おおよそ 如何いか 姥桜うばざくら 媾曳あいびき 嫣然えんぜん 守護まもり へや うち くつろ 差配さはい ついで かど とむら あと 徒歩かち しょう あたか おのの 手剛てごわ ふる つま まが くら かつ 朦朧もうろう いま 様式スタイル 標題みだし ひのき けやき 殷紂いんちゅう ごと 河岸かし いわ 流石さすが くぐ 潜戸くぐりど あぶ 煉瓦れんが