“煉瓦”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
れんが92.4%
れんぐわ6.3%
れんぐゎ0.6%
レンガ0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
軒の肘木や屋根裏もなかなか面白い。煉瓦甃石もいいものだね。台湾に住めばこういううちに住みたくなるのが当然なんだがなあ。
台湾の民芸について (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
がペンキになつて、黒塀煉瓦ると、船蟲、そんなものは、不殘石灰されよう。
三尺角 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
急いでそっちへかけて行って見たらあったあったもう径二ほどの大きな鉄釜がちゃんと煉瓦で組んで据ゑつけられてゐる。署長は眼をこすってよく室の中を見まはした。
税務署長の冒険 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
いつか子爵の懐古的な詠歎に釣りこまれて、出来るなら今にも子爵と二人で、過去の霧の中に隠れている「一等煉瓦」の繁華な市街へ、馬車を駆りたいとさえ思っていた。
開化の良人 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)