“煉瓦壁”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
れんがかべ40.0%
れんがへき20.0%
れんぐわかべ20.0%
れんぐわべい20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“煉瓦壁”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
札幌ビールの煉瓦壁れんがかべのつきる所から、土手の上をずっと向うまで、すすけた、うす白いものが、重そうにつづいているのは、丁度、今が盛りの桜である。
ひょっとこ (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
現に僕は震災前にも落成しない芝居小屋の煉瓦壁れんがかべを見たことを覚えている。
本所両国 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
「だが遺憾いかんながら、昨夜目測もくそくした室の面積に、煉瓦壁れんがへきの厚さを加えただけの数値しか、出てこなかった。つまり、隠し部屋があるだろうと思ったが、間違いだった」
西湖の屍人 (新字新仮名) / 海野十三(著)
トランシットでビルディングの上から仔細しさいに観察してみると、その膨れた屋根は隣のカフェの煉瓦壁れんがへきのところで止っている。僕の眼は、煉瓦壁の上をスルスルってカフェ・ドラゴンの屋根に登っていった。すると其処そこに、大きな煉瓦積の煙突えんとつがあるのだ。
西湖の屍人 (新字新仮名) / 海野十三(著)
影うつす煙草たばこ工場こうば煉瓦壁れんぐわかべ
邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
現に僕は震災ぜんにも落成しない芝居小屋の煉瓦壁れんぐわべいを見たことを覚えてゐる。
本所両国 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)