西湖の屍人せいこのしじん
銀座裏の酒場、サロン船を出たときには、二人とも、ひどく酩酊していた。 私は私で、黄色い疎らな街燈に照らしだされた馴染の裏街が、まるで水の中に漬っているような気がしたし、帆村のやつは帆村のやつで、黒いソフトを名猿シドニーのように横ちょに被り、 …
作品に特徴的な語句
うなづ とう さが かおり わらい 河面かめん かえ なつか 陽光ようこう 出会であい こころ つらな 泥濘ぬか かしこま 眼前がんぜん あるい 老樹ろうじゅ おびや のが どころ だて 延々えんえん 幽界ゆうかい ぬの 酔漢すいかん 貴人きじん 質素しっそ 蹣跚よろ とお かろ 逆手さかで 一声いっせい つか 浮木ふぼく けだもの げん 甲斐がい まば 歿ぼっ まぶ むね 日中にっちゅう 窓下そうか 揶揄からか つかま 紙片しへん てい つなが 惹起ひきおこ うなず あや 怨恨うらみ 脇腹わきっぱら いたずら のち 彷徨ほうこう 幾月いくげつ 幻影げんえい 嵐雲らんうん 小机こづくえ かど 言下げんか 壁掛かべが しら かつ 嘔出はきだ うな 一語いちご しま しか たが 下座しもざ 久振ひさしぶ 造花ぞうか 飛鳥ひちょう おごそ かたむ にん 切迫せっぱく 霊媒メディウム にわ 南側なんそく 銃丸たま 酒場バー におい