“嵐雲”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あらしぐも50.0%
らんうん50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その肩のような雷電峠の絶巓をなでたりたたいたりして叢立ち急ぐ嵐雲は、炉に投げ入れられた紫のような光に燃えて、山ふところの雪までも透明な藤色に染めてしまう。
生まれいずる悩み (新字新仮名) / 有島武郎(著)
嵐雲の上に
展望 (旧字旧仮名) / 福士幸次郎(著)
そうした不安が、心の片隅に咲きだすと、見る見るうちに空を嵐雲のように拡がっていった。彼は異常の興奮に発汗しながら、まず胸部をえるのだった。
西湖の屍人 (新字新仮名) / 海野十三(著)
モットモット大きい、恐ろしく深刻な事件の予感が、美青年、深良一知の声を聞いた一刹那から黒い嵐雲のように草川巡査の全神経に圧しかかって来たのであった。
巡査辞職 (新字新仮名) / 夢野久作(著)