展望てんぼう
A elle, Tu es mon guide… Dante(Enfers, Ⅱ, 140) 著者の序 この集は私の既刊の二詩集『太陽の子』の十數篇と『惠まれない善』の全部とに、その後隨時に世に出して、未だ集として纒めてない作全部とを集めた …
作品に特徴的な語句
おまへ しけ 可憐いたいけ めくる 微笑ほほゑみ ちが あば とつく 上手うはて 陸地をか きよら ともし すがた しゆ 刺繍ぬひとり しつ 褐色とびいろ 處女きむすめ 盲目まうもく このみ 黄金わうごん くぐひ たたか 露骨むきつけ あらは つめた つらな がん まが ぢい じやう 海底うなそこ 酒場さかば 祈祷きたう 石室いはむろ 白眼しろめ 片羽かたはね ともしび 暗夜あんや 打撃うち 峠路たうげぢ 山河さんか 寡婦ごけ 嬌態けうたい 呻吟うめき ごと 午前ひるまへ 千度せんた ばう 初夏しよか 寒國かんごく しめや 粉雪こなゆき こな すぢ 般若はんにや みよし 船舷ふなばた かた 午後ひるすぎ はなや まなこ ぐすり 眞中まなか うた 十歳とを 四肢てあし 無人むにん 灰色はひいろ 土塵つちほこり みづかき ひそ 添乳そへぢ きよら 沈默しじま 毒血どくち 死面しめん 檜林ひばばやし くづ 金錆きんさ 木地きぢ 木下こした はや ほがら 夜々よなよな ゆす よる 形相ぎやうさう 麥酒ビイル 希臘ギリシヤ 何處いづこ 頭巾づきん