“嵐粂吉”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あらしくめきち100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“嵐粂吉”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
連日大入りにつき日のべつかまつり候——曲独楽きょくごま娘一座、嵐粂吉あらしくめきち
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「御当地初御目見得はつおめみえ、長崎流曲独楽きょくごま廻し嵐粂吉あらしくめきち、近日、賑々にぎにぎしく小屋びらきつかまつりそうろう
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)