巡査辞職じゅんさじしょく
前篇 「草川の旦那さん。大変です。起きて下さい。モシモシ。起きて下さい。私は深良一知です」 暑い暑い七月の末の或る早朝であった。山奥の谷郷村駐在所の国道に面したホコリだらけの硝子戸をケタタマシク揺ぶりながら、一人の青年が叫んだ。 それは見る …
作品に特徴的な語句
先方こちら ばた より 尋常あたりまえ 労働アラシコ 撞着どうづ 奴隷おいはくり しめ 惨酷ひど 習慣しきたり 昨夜ゆんべ 一廻ひとめぐ むく 状態さま 養母っか 仰臥あおむ 年老としお なま っか とど 彼女あいつ 一撃ひとう 嵌込すげ 生得うまれつき 養母おっか 佩刀サアベル つかま もり 怪訝おか 攪乱かきみだ 空隙すきま はず とお 地境ちざかい 名跡あと 最中さなか 吩付いいつけ いじ 呪咀のろ 脳漿のうみそ 平生いつも まわ 嵐雲らんうん はま かか へっつい ゆびさ こぞ 小舎ごや 掻込かっこ ゆす かわず 嫉妬やきもち いじ わたし 明日あした 穿うが やみ 暗闇やみ くしゃみ 禿頭とくとう 財産しんだい 周章あわて 態度ようす にわとり おび かつ 慄然ぞっ なか 田畑でんぱた 交際つきあい 無残むご とも 何卒なにとぞ すぐ かたわら わずか はか 元来もともと もら ひま まこと まぶ 凝然じっ 遺跡あと まばた