巡査辞職じゅんさじしょく
前篇 「草川の旦那さん。大変です。起きて下さい。モシモシ。起きて下さい。私は深良一知です」 暑い暑い七月の末の或る早朝であった。山奥の谷郷村駐在所の国道に面したホコリだらけの硝子戸をケタタマシク揺ぶり …
作品に特徴的な語句
背戸せど 幾個いくつ 雇人やといにん かけひ 樹蔭こかげ 母家おもや 紺絣こんがすり 枇杷びわ 近衛このえ 佩剣はいけん 八釜やかま 屍体したい 小舎ごや 妙齢としごろ だいだい 森閑しんかん 看破みやぶ 攪乱かきみだ 暗夜やみよ 髪毛かみのけ 呉々くれぐれ 赤錆あかさび 頬髯ほおひげ 金屏風きんびょうぶ 剥出むきだ 図々ずうずう 蓬々ぼうぼう わし 薩張さっぱ ちょう 一蹴いっしゅう 目敏めざと 脳漿のうみそ 養蚕ようさん 奴隷おいはくり 夜業よなべ 喚起よびおこ 交誼こうぎ 地境ちざかい 掻込かっこ 離家はなれ くしゃみ 忌避いや 見究みきわ 天道てんとう 所業しわざ 素跣足すはだし 開放あけはな 惨酷ひど 手緩てぬる 板片いたぎれ 開戸ひらきど 白昼まひる 呪咀のろ 無残むご 撞着どうづ 佩刀サアベル 生得うまれつき 空隙すきま 一撃ひとう 元来もともと 謝罪あやま 花崗岩みかげいし 手甲脚絆てっこうきゃはん 見窶みすぼ 仰臥あおむ 財産しんだい 判明わか 嵌込すげ 混凝土タタキ 名跡あと 田畑でんぱた 状態ありさま 中仕切なかしきり 堅造かたぞう 拐帯かいたい 駈着かけつ 寝鎮ねしず 洟汁はな 吩付いいつけ 巨漢おおおとこ 一廻ひとめぐ 執行とりおこな 編上靴あみあげぐつ 越中褌えっちゅうふんどし 遣付やっつ 遺跡あと 躍上おどりあが 鉄火箸ひばし 頸低うなだ 肥柄杓こえびしゃく 労働アラシコ 相反あいはん 嵐雲らんうん 村外むらはず 気受きうけ 乗合自動車バス 欷歔すすりなき 西洋手拭タオル