“暗闇”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
くらやみ79.3%
やみ12.4%
くらがり5.9%
まっくら1.8%
くウらやみ0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それで、私は、いつも自分の心の、肉の食慾を樂しましてゐたのだ。その代りに私は暗闇の中に見える想像の畫で自分を樂しませた。
野狐、またせた。と得三室外へ躍出づれば、ぱっと遁出す人影あり。廊下の暗闇に姿を隠してまた——得三をぞ呼んだりける。
活人形 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
入の暗闇で赤色現像皿をかざしてみながら、いかに歡喜の笑みをかべたことであらうか?それからけふまでもう二十
汽車は駿河湾に沿うて走っている。窓外は暗闇だが、海らしいものが見別けられる。涼しい風が汗でネバネバしたを気持よくでて行く。
急行十三時間 (新字新仮名) / 甲賀三郎(著)