活人形いきにんぎょう
急病系図一寸手懸宵にちらり妖怪沙汰乱れ髪籠の囮幻影破廂夫婦喧嘩みるめ、かぐはな無理強迫走馬燈血の痕火に入る虫啊呀!同士討虐殺二重の壁赤城様——得三様旭 雲の峰は崩れて遠山の麓に靄薄く、見ゆる限りの野も …
作品に特徴的な語句
不便ふびん 脾腹ひばら 従容しょうよう 耳許みみもと 諸共ともども あかね 腹癒はらいせ 血汐ちしお 立竦たちすく 本意ほい むじな 大胡坐おおあぐら 一室ひとま 脂下やにさが 黄昏時たそがれどき 鶏卵たまご 一叢ひとむら 詮方せんかた 賜物たまもの 一廉いっかど 狙撃ねらいうち 疼痛いたみ 三人みたり 片頬かたほ 人品ひとがら 突当つきあたり 破目やれめ 火屋ほや 疾駆しっく 冥途よみじ 後姿うしろつき とりしば 見廻みめぐ 遥々はるばる 串戯じょうだん いなずま 有様ありよう 御名みな 天保てんぽう 風説うわさ 流眄しりめ 藪蚊やぶか 都々逸どどいつ 御膳ごぜん 真先まっさき 暗夜やみ 狂気きちがい 呵々からから 歯朶はぐき 立停たちどま 一家いっけ 手籠てごめ たお 断念あきらめ 漸次しだい 驚破すわ 煽動あおり 一呼吸ひといき 乗出のりいだ 寐入ねい 御道理ごもっとも とりこ 喜悦よがり 報酬むくい 参差しんし ひでり 二室ふたま 赤城あかぎ 上﨟じょうろう 狒々ひひ 空嘯そらうそぶ 当身あてみ 戛然かつぜん 白脛しらはぎ 逆落さかおと 棍棒よりぼう 目出度めでたい 一番ひとつ 創痕きずあと 懲々こりこり 片時へんじ 絶々たえだえ 駈込かけこ 無益むやく 差出さしいだ 逢魔あうま 希有めずら 媾曳あいびき 屠所としょ 打頷うちうなず 無銭ただ 長谷はせ 読本よみほん 柔順すなお 奴僕ぬぼく 妖艶あでやか 取出とりいだ 巻莨まきたばこ 冷々ひやひや かこ
題名が同じ作品
活人形 (新字新仮名)豊島与志雄 (著)