活人形いきにんぎょう
急病系図一寸手懸宵にちらり妖怪沙汰乱れ髪籠の囮幻影破廂夫婦喧嘩みるめ、かぐはな無理強迫走馬燈血の痕火に入る虫啊呀!同士討虐殺二重の壁赤城様——得三様旭 雲の峰は崩れて遠山の麓に靄薄く、見ゆる限りの野も山も海も夕陽の茜に染みて、遠近の森の梢に …
作品に特徴的な語句
やん ごのみ 彼方うら えら かずき つぶや 執拗しつッこい おいら しば うまれ 蹌踉よろめき ひる 発見みだ でえ 中央ただなか 老婆ばばあ 料理りょうろ うむ づら すま いな かたま いま かしこま ねむ いいつ 何方いずれ いだ いつ あだ おもて 背負おぶっ しも 饒舌しゃべる 戦慄わなな はや 何程いつかばち いい いたわ じば 不良よから きさま とき きわま 落着おちつく そくな 前様さん 先刻さきに 入用いらざ ゆす 動揺どよめ 不可いけま あっ 蹌踉よろぼ つたの ひと 容貌かおかたち いい 顔色つらつき 情婦いいひと いしこ みまか ども しゃ ゆかり 殺害やッつけ きまり きり かたえ 戦慄ぞっ 以前さき おれ 誘引いざない いまわ ものい しり くら 塗抹ぬりけし 退すさ かす かなし あずけ うかが 独言つぶやく いづ いましめ さだ 殿どん 死亡おなくなり しん あゆみ 周囲めぐり
題名が同じ作品
活人形 (新字新仮名)豊島与志雄 (著)