活人形いきにんぎょう
むかし、インドに、ターコール僧正というえらいお坊さまがいました。むずかしい病気をなおしたり鬼をおいはらったり、ときには、死人をよみがえらしたりするほど、ふしぎな力をそなえていられるという評ばんでした。そしてたいへん慈悲深くて、なんでも貧乏な …
作品に特徴的な語句
しょう じゅ こう 故郷こきょう ひょう ふく 死人しにん くら 気持きもち かれ しき ころも けむり 生活せいかつ べつ もん わか こし 緋色ひいろ うつく みどり かく むらさき 粗末そまつ こた わら まど いの 着物きもの おく 人様ひとさま おに やしな ねが かお ひたい くつ 面白おもしろ くぎ 道化どうけ 若々わかわか 近在きんざい むか おど 赤茶あかちゃ 貧乏びんぼう 諸国しょこく 調子ちょうし 角帽かくぼう くろ ゆめ 帽子ぼうし かえ たず 宿屋やどや 宿やど へや 女房にょうぼう おく 大事だいじ にわ ぼう 土地とち 同時どうじ うご ひかり もと 僧正そうじょう たお 仕事しごと 案内あんない 相談そうだん 百姓ひゃくしょう 病気びょうき なみだ なが あせ 毛靴けぐつ のこ 木靴きぐつ たび 承知しょうち 手先てさき かな 息子むすこ いき 弟子でし
題名が同じ作品
活人形 (新字新仮名)泉鏡花 (著)