“庭”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
にわ60.2%
には36.5%
てい1.7%
ナア0.6%
おほば0.6%
ホオフ0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もちろん、老人とならなかったばかりか、B医師は、老人きだったらしいすいせんを病院えたのでありました。
三月の空の下 (新字新仮名) / 小川未明(著)
月は一庭のらし、樹は一庭の影を落し、影と光と黒白斑々としてつ。なるの如き影あり、金剛纂の落せるなり。
良夜 (新字旧仮名) / 徳冨蘆花(著)
〔評〕南洲壯時角觝を好み、に壯士と角す。人之をしむ。其守庭吏と爲るや、中に土豚けて、掃除とせず。
舞ふのは勿論、右のあしゃげと言ふ建て物の外の広場でゞある。又、唯あしゃげとばかり言ふ建て物がある。
琉球の宗教 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
乙酉、天皇皇后及び草壁皇子尊大津皇子高市皇子河島皇子忍壁皇子芝基皇子してく、れ今日等とひて、千歳の後に事無からむとす。奈之何
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
案内知りたる少女に引かれて、巨勢は右手なる石段をのぼりて見るに、ここは「バワリア」のといふ「ホテル」の前にて、屋根なき所に石卓椅子など並べたるが
うたかたの記 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)