“満”のいろいろな読み方と例文
旧字:滿
読み方割合
41.0%
みた16.2%
まん12.0%
まる7.7%
みち6.0%
みつ2.6%
みて2.6%
つま1.7%
みつる1.7%
くち1.7%
0.9%
0.9%
なみ0.9%
0.9%
まろ0.9%
0.9%
ミタ0.9%
ミチ0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
月は一庭のらし、樹は一庭の影を落し、影と光と黒白斑々としてつ。なるの如き影あり、金剛纂の落せるなり。
良夜 (新字旧仮名) / 徳冨蘆花(著)
彼の心は事業の方へ向いた。その自分の気質に適した努力の中に、何物をてもすことの出来ない心の空虚をそうとしていた。
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
ビイル一杯が長くて十五分間、その店のお客たる資格を作るものとすれば、一時間に対して飲めない口にもなお四杯のを引かねばならない。
銀座 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
「女の子で。そうですか、もう一つに近いにしては痩せている。乳がよく出ないので? そいつあいけねえ、かあいそうに」
野槌の百 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
んでもえ、最早乃父も問わんから、サア奥へ帰るがえ、』としく言った言葉は少ないが、慈愛にて居たのです。
運命論者 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
しかしればくるの比喩れず、先頃から君江の相貌がすこし変ってきた。金青年に喰ってかかるような狂態さえ、人目についてきた。
ゴールデン・バット事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)
或年の住僧此塔の出たる時天を拝していのる、我法華千部読経あり、今一年にしてり、何とぞ命を今一年し玉へと念じて、かの塔を川中のこみたり。
驚きの目をって、父親の立寄って行くところへは、どんならないものでも、小野田も嬉しそうにいて行って見せたり、説明したりした。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
... 御馳走しても張合のある人に食べさせたいが、エート、もしや私の不在中に大原という人は年始に来なかったかえ」妹「イイエまだお見えになりません」兄
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
其中にお腹もくなり、親の肌で身体もまって、けそうない心持になり、不覚昏々となると、んだ乳首が抜けそうになる。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
ズレバ春風リテ洛城ツ……
武者窓日記 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
難民は腹のちい連中のことをぶすくさ言う。
(新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
笑うのも無理はない、王の前には大きい酒のが幾つも並んでいて、どの甕にも緑の酒があふれ出しそうになみと盛ってあった。
玉藻の前 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
「ああ、腹がった」
宮本武蔵:04 火の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そのとき、背の皇子のあまりに歎かせらるる有様を見て……あれはその……なんと言つたかな……さう、川原……その満が奉つた歌だつた。
春泥:『白鳳』第一部 (新字旧仮名) / 神西清(著)
謝名城大宜味村)の海神祭のおもろには「ねらやじゆ〔潮〕すい、みなと〔湊〕じゆゆい……」とあつて、沖あひの事をすらしい。
琉球の宗教 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
長ク英雄ヲシテ 涙シム
三国志:12 篇外余録 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
謝名城大宜味村)の海神祭のおもろには「ねらやじゆ〔潮〕すい、みなと〔湊〕じゆゆい……」とあつて、沖あひの事をすらしい。
琉球の宗教 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)