“まん”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:マン
語句割合
42.6%
17.0%
14.9%
9.6%
6.4%
滿3.2%
2.1%
政所1.1%
1.1%
1.1%
1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大勢ぜい寄りたかって私共に赤恥をかゝせてそうとするから、腹が立って堪らねえ、が妹をが連れてくに何も不思議はねえ
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
夢心地をドンとたれたやうに、そも/\人口……戸數……なる、日本第二大都大木戸に、色香梅田く。
大阪まで (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
こちらもざら知らねえ仲でもなし、何か御挨拶の一つ位あつてもよからうと思ひまして、参つたわけでございます。
彦六大いに笑ふ (新字旧仮名) / 三好十郎(著)
しかし……しかし伊那丸さまは大せつな甲斐源氏一粒種、あわれ八、あわれの神々、力わかき民部の采配に、無辺のお力をかしたまえ
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その前までは博士は気が変ではないかと思ったほど、ごうな態度でわたしをりつけ、悪くいい、からみついてきた。
金属人間 (新字新仮名) / 海野十三(著)
〔譯〕滿り、發して空箭無し。人事宜しくの如く然るべし。
土産には山鼻のおを買つて来ませう。
蓬生 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)
「やれのう、御苦労なことではある。わしはよいが、彼妻は名残も惜しかろうに、なぜここへ政所殿は呼んであげなさらぬ」
茶漬三略 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
田舎奴、人をずること少なからず」 
鯉魚 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
しかれども信の心にする、深きものあり、浅きものあり。深きものは動し難く、浅きものはし。いま動し難きものにつきてこれを蕩揺せば、幹折れ、枝て、その根いよいよせん。
教門論疑問 (新字新仮名) / 柏原孝章(著)
在英中土宜法竜僧正から『曼荼羅私鈔』を受け読みると、塔中三十七尊を記せる内、阿閦、宝生、無量寿、不空成就の四仏がの四菩薩を流出して大日如来を供養し(内四供養