“まる”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:マル
語句割合
53.6%
19.3%
11.9%
5.4%
3.5%
1.7%
1.4%
全然0.8%
0.6%
0.3%
0.3%
0.3%
虎子0.2%
0.2%
円形0.2%
円満0.2%
滿0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「まあしかし、くゆくものなら、このまま納めた方がいい。そうなれば、金の方は後でどうにか心配するけれど、今はちょっとね」
挿話 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
年間小言はず、みもはず、御返事つてります』でめられたのだかららない。はとう/\落城した。
ハガキ運動 (旧字旧仮名) / 堺利彦(著)
岡山「それで一つ眼ならで化物だ、こんな山の中で猟人が居るから追掛けるぞ、そんな姿でピョコ/\やって来るな、亭主を呼べ」
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
其の果報者は何処の何奴だと空呆けて訊きますと、相手は一層調子に乗って来て、それはそれは綺麗な美男子なのよ、で女見たいな。
陳情書 (新字新仮名) / 西尾正(著)
には小石が一敷詰めてある。天井さは中央部は五あるが。蒲鉾式つてるので、四はそれより自然い。
田圃にならぬが不思議で、どう/\とになつて、前途に一える、にしてそ二ばかりのぢや。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
あなたのお案じもは能く存じて居りまするが、さっぱり若旦那さまの方からお音信がございません、昨年から引続き一年のになりまするのに、お手紙一つまいりませんから
何故なら全然へてるからである。昨日つてれたチエホフの短篇集んでると、ツイ何時にか「ボズ」さんのした。
都の友へ、B生より (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
『彼等は歌いました 』歌ってなんぞいたか。編物をしとったんだ。それに馬鈴薯菓子の揚げかたかなにか、話しとったように思ったな。
トリスタン (新字新仮名) / パウル・トーマス・マン(著)
私は通りかかって、を売っているのをみつけた。大きな、粒のったみごとな蛤で、バターいためにしたらさぞ美味かろうと思い、近よっていって、それを五だけ売ってもらいたいと云った。
青べか物語 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
今から考えると、で夢のようである。読者諸君がこれによってわが沖縄の変遷を知ることが出来たら望外の望である。私はそのうち気が向いた時、私の青春時代の事を書いてみようと思う。
私の子供時分 (新字新仮名) / 伊波普猷(著)
では兄さん、この残り餌を土でめておくれでないか、なるべく固く団めるのだよ、そうしておくれ。そうしておくれなら、わたしが釣った悉皆でもいくらでもお前の宜いだけお前にあげる。
蘆声 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
侍従の君のお虎子の匂を嗅いでからと云うものは、何処へ行っても色事が成功せず、く失敗つゞきであった。
少将滋幹の母 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
されば、お虎子の一件を始めとして侍従の君の彼に対するさま/″\な悪戯の数々は、ひょっとすると背後で此の女を操っていた左大臣の入れ智慧であったかも知れない。
少将滋幹の母 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
清八は得たりと勇みをなしつつ、圜揚げ(トハ鳥ノ)の小刀隻手に引抜き、重玄を刺さんと飛びかかりしに、上様には柳瀬、何をすると御意あり。
三右衛門の罪 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
御鷹の獲物はかかり次第、を揚げねばなりませぬと、なおも重玄をさんとせし所へ、上様にはたちまち震怒し給い、を持てと御意あるや否や、日頃御鍛錬御手銃にて
三右衛門の罪 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
円形きが普通なるわざと三角にひねりて客の目をかんとみしようなれど実はをつつむに手数のかからぬ工夫不思議にあたりて、三角餅の名いつしかその近在に広まり
置土産 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
お宅様のようなお固い処へ縁付いて万事、円満く行かぬ筈はない……と見込みを付けましたのが猪口兵衛の一生の出来損い。親の因果が子に報いるとはこの事。
「東京に二年、伊豆の方にも行つてゐたし、靜岡にもゐたし、大阪にもこれで滿一年半になるんですよ。女中奉公はしてゐるけれど、それでも國になんか歸り度いとも思ひませんねえ。田舍はふんとにやだやだ。」
大阪の宿 (旧字旧仮名) / 水上滝太郎(著)