“蛤”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はまぐり96.8%
はま3.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お上品で、軽くて、いくらでも食える。二十日 北の駅前、香穂のお狩場焼。や海老等の海産物と、牛肉豚肉鶏肉、ごっちゃまぜ。
このたび大阪 (新字新仮名) / 古川緑波(著)
山中にて晝食古代そつくりの建場ながら、なるくばかり、斑鯛?の煮肴をたゝいてふにへたり。
熱海の春 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
われわれの親愛なる右門にあなごとを二十個平らげさせてゆるゆる昼寝をさせたほうがましなくらいなものでありました。
さアお座敷へお出でなさいよと云われた日にゃア仕方がない、いかに小主水の花魁でも斯うなったら何うも仕様があるまい、事がグレとなった時は馬鹿を見るのがら一人だ